トップページ

リスティング広告の新しい始め方と運用のコツ ではリスティング広告が始めての方でも運用できるようにレンタルサーバーの比較なども交えながらできるだけ頑張って説明いたします。そのため、長くなって恐縮ではございますが自分に必要な部分だけご覧くださいませ。

リスティング広告の新しい始め方と運用のコツ で提供するサービス

提供するリスティング広告は200もの問合せページを作ります。Yahoo!のリスティング広告の設定もこちらで行います。これは何を意味するかというと最低でも200個の集客できる受付窓口があるということ。想像してください。もしも、集客できる受付窓口が200個あったら、集客できないなんてことがあるでしょうか?

このページではリスティング広告が始めての方でも運用できるようにレンタルサーバーの比較なども交えながらできるだけ頑張って説明いたします。そのため、長くなって恐縮ではございますが自分に必要な部分だけご覧くださいませ。

本サービスの特徴

前述したとおり、私のサービスでは問合せ窓口として200ページ作ります。とするとYahoo!のリスティング広告の広告グループも同じように200個設定しなくてはなりません。広告も200個設定しなくてはなりません。キーワードも200個設定しなくてはなりません。

なぜ、200個もの問合せページを作るのでしょうか?

それは問合せページが多ければ多いほど集客効果が高いから。そして、その問合せページ一つ一つを確実に上位表示して集客させるためにリスティング広告を設定します。

これは、インターネット広告をご存じない方には驚愕の事実でしょう。それには、上位表示を代表するSEO対策とリスティング広告の違いをひとつひとつ紐解いていかねばなりません。そのため、どうしても長くなってしまいますが、運用のコツなどもご案内していますのでゆっくりお付き合いくださいませ。

リスティング広告とは?

GoogleやYahoo!などが提供している検索エンジンにおいて、ユーザーが検索したキーワードに関連した広告を検索結果ページで表示するサービスのこと。ユーザーにとって、自分の関心と無関係に表示される従来の広告に比べ利用価値が高く、企業側にとっても高い広告効果を期待できます。

費用はクリックされた分だけ

リスティング広告は、広告がクリックされた場合にのみ、費用(クリック料金)が発生する「クリック課金型」の広告です。初期費用、月額固定費はかかりません

幅広いインターネットユーザーにアプローチ

日本のインターネットユーザーのうち、約80%がYahoo! JAPANを利用しています。Yahoo! JAPANをはじめ、大手掲載パートナーに広告が配信され、多くの方にアプローチすることができます。

リスティング広告とSEOの違い

ここでリスティング広告とSEO(Search Engine Optimization)との違いについて述べなくてはなりません。SEO対策にせよリスポンサードサーチにせよ、どちらも「検索エンジンを通じて、WEBサイトの内容に関連するキーワードで検索したユーザーを誘導する」という意味では全く同じです。

まず第1に、検索エンジンのランキングアルゴリズムによって順位付けられて表示される自然検索(オーガニック検索)枠と、主にキーワードの入札価格や広告としての品質によって順位付けられて表示される広告枠では、そもそもそれらの存在意義自体が異なります。

SEOでの上位表示

SEO対策によって順位が改善できるオーガニック検索枠においては、そもそもこのスペースは企業のWEBサイトの集客やブランディングなどのための場所ではなく、検索したユーザーの目的に適したWEBコンテンツを順序づけて提示するための場所です。

リスティング広告での上位表示

その一方でリスティング広告はPPC(Pay Per Click)というクリック課金型の広告で、諸々の準備を行えば広告が表示されますが、SEOによって自然検索枠で表示されるのはユーザーを誘導するための広告文ではなく、「コンテンツそのもの」であるという点で異質です。

リスティング広告とSEOの違い(まとめ)

つまり、お金の力で上位表示できるのがリスティング広告であり、コンテンツの質と量で集客するのがSEOといえるでしょう。つまり、SEOで上位表示するのでしたらコンテンツ力がないと現状では厳しいと言わざるを得ません。

GoogleとYahoo!のリスティング広告の違い

まずは、関連語から説明しますと、Googleのリスティング広告をGoogleAdWordsと呼び、Yahoo!のリスティング広告をYahoo!スポンサードサーチと呼びます。

そして、GoogleAdWords(グーグルアドワーズ)は日本国内に限らず海外にもリスティング広告を掲載することができます。そのため日本にいながらアメリカや香港、フランス、東ティモール、アラブ首長国連邦等々の国に広告を配信することができます。

Yahoo!スポンサードサーチでは日本国内でしか広告の配信ができません。その代わりと言ってはなんですが、日本人が最も使用する検索エンジンはYahoo!と言われています。(厳密に言うと台湾やシンガポールのYahoo!スポンサードサーチもあるようです)

他にもキーワードの入力方法・広告の表示オプション・広告文で使用できる記号などの違いもありますが、日本人が最も使用する検索エンジンはYahoo!なのではじめに取り組むのはリスティング広告をオススメします。

タイトルとURLをコピーしました