トップページ - リスティング広告の新しい始め方と運用のコツ
リスティングとはGoogle やYahoo でキーワード検索されたときにサイト(Webページ)が効果的に上位表示させることができる方法の一つ…

無料でリスティング広告設定!!

無料でリスティング広告設定!!のイメージ

ヤフースポンサードサーチをキャンペーン、広告(サイトと紐付けした状態)、キーワードを無料で設定します。実はノウハウ無しで設定すると広告費が高騰するのです。このサイトへノウハウの一部を掲載しているのでまずは、読み進めてくださいね♪

問合せページ200サイト作成!!

問合せページ200サイト作成!!のイメージ

キーワードだけが変わっていく問合せページを200サイト作ります。SEO対策ですとコピーサイトなので上位表示できませんが、リスティング広告なら上位表示できます。200サイトの問い合わせページがあれば集客に効果的だと思いませんか?

無料で広告の運用(一ヶ月間)!!

無料で広告の運用(一ヶ月間)!!のイメージ

ビジネスには広告が必要不可欠ですが、良い反応を出すまでには検証を繰り返さなければなりません。私は一ヶ月間お金をいただきませんので一緒に頑張りましょう!

リスティング広告の運用に自信があります!

提供するリスティング広告は200もの問合せページを作ります。Yahoo!のリスティング広告の設定もこちらで行います。これは何を意味するかというと最低でも200個の集客できる受付窓口があるということ。想像してください。もしも、集客できる受付窓口が200個あったら、集客できないなんてことがあるでしょうか?

このページではリスティング広告が始めての方でも運用できるようにレンタルサーバーの比較なども交えながらできるだけ頑張って説明いたします。そのため、長くなって恐縮ではございますが自分に必要な部分だけご覧くださいませ。

本サービスの特徴

前述したとおり、私のサービスでは問合せ窓口として200ページ作ります。とするとYahoo!のリスティング広告の広告グループも同じように200個設定しなくてはなりません。広告も200個設定しなくてはなりません。キーワードも200個設定しなくてはなりません。

なぜ、200個もの問合せページを作るのでしょうか?

それは問合せページが多ければ多いほど集客効果が高いから。そして、その問合せページ一つ一つを確実に上位表示して集客させるためにリスティング広告を設定します。

これは、インターネット広告をご存じない方には驚愕の事実でしょう。それには、上位表示を代表するSEO対策とリスティング広告の違いをひとつひとつ紐解いていかねばなりません。そのため、どうしても長くなってしまいますが、運用のコツなどもご案内していますのでゆっくりお付き合いくださいませ。

リスティング広告とは?

GoogleやYahoo!などが提供している検索エンジンにおいて、ユーザーが検索したキーワードに関連した広告を検索結果ページで表示するサービスのこと。ユーザーにとって、自分の関心と無関係に表示される従来の広告に比べ利用価値が高く、企業側にとっても高い広告効果を期待できます。

費用はクリックされた分だけ

リスティング広告は、広告がクリックされた場合にのみ、費用(クリック料金)が発生する「クリック課金型」の広告です。初期費用、月額固定費はかかりません

幅広いインターネットユーザーにアプローチ

日本のインターネットユーザーのうち、約80%がYahoo! JAPANを利用しています。Yahoo! JAPANをはじめ、大手掲載パートナーに広告が配信され、多くの方にアプローチすることができます。

リスティング広告とSEOの違い

ここでリスティング広告とSEO(Search Engine Optimization)との違いについて述べなくてはなりません。SEO対策にせよリスポンサードサーチにせよ、どちらも「検索エンジンを通じて、WEBサイトの内容に関連するキーワードで検索したユーザーを誘導する」という意味では全く同じです。

まず第1に、検索エンジンのランキングアルゴリズムによって順位付けられて表示される自然検索(オーガニック検索)枠と、主にキーワードの入札価格や広告としての品質によって順位付けられて表示される広告枠では、そもそもそれらの存在意義自体が異なります。

SEOでの上位表示

SEO対策によって順位が改善できるオーガニック検索枠においては、そもそもこのスペースは企業のWEBサイトの集客やブランディングなどのための場所ではなく、検索したユーザーの目的に適したWEBコンテンツを順序づけて提示するための場所です。

リスティング広告での上位表示

その一方でリスティング広告はPPC(Pay Per Click)というクリック課金型の広告で、諸々の準備を行えば広告が表示されますが、SEOによって自然検索枠で表示されるのはユーザーを誘導するための広告文ではなく、「コンテンツそのもの」であるという点で異質です。

リスティング広告とSEOの違い(まとめ)

つまり、お金の力で上位表示できるのがリスティング広告であり、コンテンツの質と量で集客するのがSEOといえるでしょう。つまり、SEOで上位表示するのでしたらコンテンツ力がないと現状では厳しいと言わざるを得ません。

GoogleとYahoo!のリスティング広告の違い

まずは、関連語から説明しますと、Googleのリスティング広告をGoogleAdWordsと呼び、Yahoo!のリスティング広告をYahoo!スポンサードサーチと呼びます。

そして、GoogleAdWords(グーグルアドワーズ)は日本国内に限らず海外にもリスティング広告を掲載することができます。そのため日本にいながらアメリカや香港、フランス、東ティモール、アラブ首長国連邦等々の国に広告を配信することができます。

Yahoo!スポンサードサーチでは日本国内でしか広告の配信ができません。その代わりと言ってはなんですが、日本人が最も使用する検索エンジンはYahoo!と言われています。(厳密に言うと台湾やシンガポールのYahoo!スポンサードサーチもあるようです)

他にもキーワードの入力方法・広告の表示オプション・広告文で使用できる記号などの違いもありますが、日本人が最も使用する検索エンジンはYahoo!なのではじめに取り組むのはリスティング広告をオススメします。

リスティング広告のはじめ方

このページをご覧の方にはリスティング広告が始めてという方もいらっしゃると思います。そのため、一般的なリスティング広告の始め方をご案内していきます。なお、ここでは日本人が最も使用する検索エンジンはYahoo!のスポンサードサーチで説明します。

ステップ1:レンタルサーバーの契約

もし、現在レンタルサーバーと契約していないなら先に契約を済ませておきべきでしょう。それぞれのメリットとデメリットは次の通りです。

さくらのレンタルサーバ

さくらのレンタルサーバは国内最大級244Gbpsのバックボーン回線を有し、サポートとコストパフォーマンスを両立したレンタルサーバーです。様々なアフィリエイトサイトのサーバーを調べるとさくらインターネットの利用者がNo.1でした。

メリット

・サーバーが安定している
・電話サポートがある
・転送量が多く、アクセスが集中した際は転送量を通常の3倍に増やせる
・利用者が多いので、ネット上にマニュアルが豊富にある
・サブドメインではあるものの無料でドメインを取得できる

デメリット

・上位プランへ変更する際には、アカウントを取り直す必要がある
・WordPressなどのPHPやMySQLを用いるものは速度が遅い

ロリポップ

ロリポップはマニュアルが豊富で管理画面も使いやすいことから、アフィリエイト初心者に人気のレンタルサーバーです。

メリット

・マニュアルが充実している
・管理画面が使いやすい

デメリット

・インデックス化が遅い

エックスサーバー

エックスサーバーは高速性とサポートを両立させ、利用者を増やしているレンタルサーバーです。

メリット

・転送量が多い
・マルチドメインとメールアドレスが無制限
・利用者が多いので、ネット上にマニュアルが豊富にある
・サポートが良い

デメリット

・アクセスが増えるとすぐにリソース制限がかけられる
・収容人数が多いため、夜間などのアクセスが集中する時間帯は、サーバー速度が遅くなる
・最安プランでも月額1000円(税別)のため、初心者には手が出しにくい

ステップ1:レンタルサーバーの契約のまとめ

私としてはさくらのレンタルサーバーをオススメします。その理由は、電話サポートが充実しており圧倒的に安いからです。ワードプレスを運用するときには確かにアクセスが遅くなりますが、それでも、アクセス過多やレンタルサーバーの乗っ取りなど自分で処理できないときのために電話サポートがついているのは心強いです。(私自身でも5年以上使っています)

ステップ2:ドメインの契約

次にドメインを契約します。なかには無料で取得できるものもあります。しっかりと吟味して自分にあった会社と契約しましょう。

さくらのレンタルサーバ

ここで敢えてさくらのレンタルサーバーをご紹介しようと思います。といいますのもさくらのレンタルサーバーを契約すればサブドメインではありますが、無料で取得できるからです。初めてのリスティング広告を行う方にとっては重宝すると思います。

メリット

・無料で62種類もの中から2つまでのサブドメインを取得できる

「jpn.org」なんとなくオフィシャルっぽい信頼感のあるドメインが無料なのは驚きです。私も最初の頃はこのサブドメインを利用していました。

デメリット

・特に見当たりません。気がついたら追記しますね。

お名前.com

お名前.comはドメイン販売で有名・人気のサービスです。

メリット

・価格が安い
・キャンペーンを頻繁に行う
・365日24時間電話対応可

デメリット

・WHOIS情報の代理公開をやり忘れると大変
WHOIS情報の代理公開は無料でできるのですが、それはドメインを取得する際に設定した場合のみです。その後は、費用負担(980円)が発生するので注意が必要です。

・ユーザーからお金を搾取する傾向が見受けられる
上記の「WHOIS情報公開をやり忘れると大変」で説明したように理屈を分かっていないとお金を搾取される仕組みが満載です。そのため、すごく安くドメインを取得できますが注意しないといけません。

ムームードメイン

<ムームードメイン>

メリット

・価格が安い
・マニュアルが豊富

・WHOIS情報の代理公開可能

デメリット

・管理画面がわかりにくい

<ムームードメイン>

ステップ2:ドメインの契約のまとめ

私の考えではドメインは お名前.com をオススメします。ユーザーからお金を搾取する傾向が確かに見受けられますが、それは操作を覚えるまでの話です。そもそもドメインを契約する上ではどのドメイン取得会社の操作を覚える必要はあります。ですから、費用面を重視しました。

ステップ3:サイト作成

まずは、サイトを作りましょう。作成するソフトは、以下が使いやすいと思いますのでそれぞれのメリットとデメリットを挙げておきましょう。サイトを作成するときのコツですが、予めリスティング広告を出向しやすい状態にしておくと便利です。

サイトの文言と広告の文言を完全にマッチングすることで広告の品質が上がり、少ない広告費用が見込めるようになります。

サイトのタイトル

サイトのタイトルを対象のキーワードを盛り込み全角15文字(半角30文字)以内で作ること。(ここがタイトル1に相当します)

サイトの本文

サイトの本文中の文言も一般的なサービスや物販でしたら全角15文字以内(半角30文字)、アフィリエイトサイトの場合は、12文字(半角24文字)で完結した文章で作ること。(ここがタイトル2に相当します。アフィリエイトサイトの場合は、「/提携」と入れる必要があるので全角3文字分少なくなります)

さらにもう一箇所サイトの本文中の文言も一般的なサービスや物販でしたら全角40文字以内(半角80文字)で完結した文章で作ること。

シリウス

シリウスはサイト・ホームページ作成のソフトです。シリウスに搭載されているテーブル作成機能を使えばランキング形式のサイトも簡単に 作る事ができます。 また、単純なランキングだけではなく、レーダーチャートを利用した質 の高い比較サイトも作成可能です。

メリット

・テンプレート通りのサイトを素早く作れる
「まずまずの見た目のサイト」をとにかく素早く作ることができます。この「スピード」は、量産する場合には必須の項目になってくるので、シリウスは重宝されています。

・スマホ対応サイトを作れる
シリウスは一応「スマホ」にも対応しています。スマホにも最適化されたサイトを素早く作れることはメリットです。

・SEO対策に必要な設定が簡単
一応簡単に入力することができるようになっている。。

デメリット

・カスタマイズの自由度が低い
「SEO対策」「スマホ対策」「見た目」などを追求していった場合、いずれ、シリウスでは満足できない時が来ます。その時に、テンプレートをイジってしまうとサポート対象外になるので不具合が出ても聞く相手がいなくなります。


ホームページビルダー

IBMが開発しているホームページ作成ソフト。習熟度に応じた編集画面で、初級者から上級者まで幅広いユーザーに利用されています。サンプルが豊富に用意されているので、内容にあったWebページを簡単に作成できます。

メリット

・体感的に操作できるので初心者でもサイトを作ることができる。
・無料テンプレート(ネット含む)が多いので、初心者でも簡単にサイトを作れる。
・市販の説明書を始め、ネットでも情報を収集しやすいので、問題を比較的解決しやすい。

デメリット

・余計なタグの挿入機能を始めとした初期設定の不要な機能をオフにしないと使い物にならない。
・しっかりとしたサイトを作るためにはHTML、CSSの勉強が必要。
・大規模サイトを作ろうとすると、管理が不便になる。

Wix

Wix.comは、世界で1億人以上が利用するドラッグ&ドロップのホームページ作成ツール。無料版と有料版サービスを展開。有料版は独自ドメインの設定や広告非表示の選択ができ、プレミアムサポートが受けられる。

メリット

・おしゃれなテンプレートが豊富
Wixは、プログラミングなどの専門技術や知識がなくても、自分でホームページを作成・更新できるクラウド型CMSです。PowerPointのような感覚で、見たまま直感的にホームページを編集することができます。

デメリット

・完成までに時間がかかる
Wixでサイトを立ち上げるなら、最初から最後まですべて自分で決定し、編集しなければいけません。デザインを凝るほど、レイアウトや見栄えの調整に時間と労力がかかります。ビジネスのホームページでは、コンテンツ(ページ内容)作成が最重要。見栄えの調整に時間を割くと、本来注力するべきコンテンツ作成の時間が取りにくくなります。

・電話サポートがない
Wixは英語、スペイン語、ポルトガル語のみで、日本語の電話サポートはありません。おしゃれなホームページが作れるWixですが、サポート面の評判は今ひとつ。専門知識不要とはいえ、パソコン操作やホームページ作成に慣れていないと、難しいかもしれません。

・日本語化が不十分
Wixの日本語版リリースは2012年と比較的最近のためか、日本語化が不十分な箇所があります。改善されつつあるものの、公式サイトやサポートページ・提供ツールの一部は英語です。また、テンプレートの多くは初期表示も英語です。ローマ字で見栄えのよいテンプレートに日本語を入れると、イメージが変わることもあります。

・メニューや文章を増やしにくい
Wixは、選んだテンプレートによってメニューの増設や、長い文章の配置ができません。成果につながるホームページの最大のポイントはコンテンツの充実。メニューやページが少ないホームページはSEOに弱く、お客さまを集めるのは難しいです。

ワードプレス

WordPress(ワードプレス)は、世界で圧倒的なシェアを獲得している、無料のブログソフトです。HTMLやCSSの知識さえあれば、簡単にホームページを作成することができるため、個人のブログから企業サイトにまで幅広く利用されています。

メリット

・ブログ形式だから、ページの作成・更新が簡単
WordPress(ワードプレス)は、ブログ形式でホームページが作成できるツールです。ブログのような感覚で、簡単にページの作成・更新を行うことができるので、ほとんど難しい操作方法を覚える必要がありません。

定型的なレイアウトに当てはめながらの作業にはなりますが、「文字の入力」と「画像の貼り付け」だけで簡単にホームページを作成・更新していける点こそ、ワードプレス最大のメリットといえます。

・プラグインが豊富
WordPress(ワードプレス)の特徴の1つが、プラグイン(機能を拡張するためのプログラム)の豊富さです。プラグインを使用すれば難しいプログラミングを行なう必要がないので、パンくずの設置や各種フォームの作成、動画の埋め込みなども、ある程度簡単に行うことができます。

ただし、プラグインの中には日本語に非対応のものも多く、インストールするとウイルスに感染してしまうような悪意のあるものも含まれているので、導入の際には注意が必要です。

・スキルがあればカスタマイズが自由自在
カスタマイズの自由度が評判のWordPress。ある程度プログラミングのスキルがあれば、ホームページの環境や機能、デザイン、構成などを、自由自在にカスタマイズすることができます。

そのため、「HPを自分の手で自由に構築したい」「0からじっくり作り込みたい」と考えている方にはおすすめです。ただしその反面、HTMLやCSS、PHPといった専門知識のない方や、短時間に最小限の手間でホームページを作りたいと考えている方には向いていないといえます。

デメリット

・電話でサポートしてもらえない
WordPress(ワードプレス)のサポートサービスはメールのみ。電話サポートは用意されていません。ワードプレスは自由度が高いぶん、0から100まで全部自分で作成しなければならないので、当然、操作につまずく場面や分からないところも出てきます。

とはいえ私へ連絡していただければできるだけ頑張ってあなたをサポートしますのでお気軽にご連絡くださいね♪

電話番号:090-1852-8189

・SEOで上位表示するには専門知識が必要
ホームページをたくさんの人に見てもらうために、SEO対策(検索結果で上位表示すること)はとても重要ですが、WordPress(ワードプレス)でSEO を行なうには、その仕組み上、HTMLを直接自分で編集しなければなりません。

ちなみにこのサイトはワードプレスで作っています。こんな本格的なサイトもワードプレスは作れるのは、何よりもカスタマイズ性に優れているからと思います。ご興味があったらぜひ、電話してみてください。きっとあなたのお役に立てれると思いますよ。

電話番号:090-1852-8189

ステップ3:サイト作成のまとめ

シリウスと比較して悩むところですが、私はワードプレスを推薦します。やはり、費用面ですね。シリウスは通常版で18800円、上位版で24800円かかりますが、ワードプレスは、無料です。ここでは詳しく説明していませんが仮にワードプレス用の有料のテンプレートを購入するとしても数千円で立派なサイトを作ることも可能です。

もしも、ワードプレスでサイトを作るのでしたらお役に立てるように頑張りますのでぜひ、下記までご連絡をいただけたらと思います。

電話番号:09-01852-8189

ステップ4:スポンサードサーチの設定

本セクションではスポンサードサーチの設定方法をご案内していきますが、あくまでも標準的な設定方法をご案内していきますので疑問点が生じたら下記までお問い合わせくださいませ。当然のことながら地域ビジネスと全国展開していくビジネスでは設定方法が変わっていきます。

電話:090-1852-8189

Yahoo! JAPANビジネスIDのアカウント作成

以下のリンクよりYahoo! JAPANビジネスIDを作成します。

スポンサードサーチ

キャンペーンの作成

  1. 広告管理ツールの「スポンサードサーチ」タブをクリック
  2. 「キャンペーン管理」タブをクリック
  3. キャンペーン一覧の上にある[キャンペーン作成]ボタンを押す

広告グループの作成

  1. 広告管理ツールの「スポンサードサーチ」タブをクリック
  2. 「キャンペーン管理」タブをクリック
  3. キャンペーン一覧から、広告グループを作成するキャンペーンをクリック
  4. [広告グループを作成]ボタンを押す
  5. 広告グループ名を入力
  6. 広告グループの入札価格を入力
  7. 広告グループを保存

広告の作成

  1. 広告管理ツールの「スポンサードサーチ」タブをクリック
  2. [広告]サブタブをクリックしてから、[広告作成]ボタンを押す
  3. 「対象を選択」で広告を登録するキャンペーン(標準キャンペーン)と広告グループを選択
  4. 広告名・タイトル1・タイトル2・説明文・最終リンク先URLを入力

キーワードの作成

  1. 広告管理ツールの「スポンサードサーチ」タブをクリック
  2. [キーワード]サブタブをクリックしてから、[キーワード作成]ボタンを押す
  3. 「作成場所」でキーワードを登録するキャンペーンと広告グループを選択
  4. キーワード入力欄で、キーワードを1行に1キーワードずつ入力

お疲れ様でした。ここまでで初期設定は終わりです。

ステップ4:スポンサードサーチの設定のまとめ

ここは粛々と作業を行っていくことになりますが、ビッグキーワードやミドルキーワードだとクリック単価が高すぎますし、スモールワールドだと大量に広告を作らないといけません。

そして、大量の広告を作るときに一番たいへんな作業は、広告を作るときにサイトのURLを一つ一つ設定することだと思います。その一番の解決策が私へご連絡いただくことです。1ページあたり1500円弱でページ作成からスポンサードサーチまで設定します。(最低200ページから受け付けます)

リスティング広告の運用とコツ

それではリスティング広告を始めた後の運用とコツをご案内しましょう。まず、覚えておいていただきたい内容ですが初めてのリスティング広告の運用で効果があることは少ないといえます。これはお客さんである顧客心理と広告主であるあなたとの心理が真逆のため起こりやすいからです。

その道で30年のベテランが出向するお客さんの気持ちを組んでいない広告は普通に見かけます。ですから、リスティング広告を運用する上では広告を育てる気持ちが大切です。

今から具体的なリスティング広告の運用とコツをご説明いたしますのでぜひ、頑張ってみてください。

アカウント構成を正規化する

アカウント構成は非常に重要です。同じ意味を持つキーワードでまとめてしまいがちですが、注力ワードに関しては、同義のキーワードでグループをまとめずに別のキャンペーン・グループとする事で日予算や入札コントロールがしやすくなります。入札をコントロールしやすくなることにより、獲得数最大化を効率的にできる運用が可能となります。キーワードのまとめ方の悪い例と良い例と、具体的な改善方法を紹介します。

悪い例

一つのキャンペーンの中へすべてが入っている状態です。

・この例では獲得数・コスト感が異なるものが全て同じキャンペーンなので日予算等の管理しにくい。
・同グループ内にコストのかかるワードが混ざっているので効率の良いワードが圧迫されている
・改善を把握するのに詳細レポートを出さないと数字の変化が分かりづらい

良い例

一つのキャンペーンの中へすべてが入っておらず、必要な部分だけを管理できるように分けられている。

・コストが多くかかるキャンペーンとそうでないキャンペーンが一目瞭然
・仮にコストを多く必要なビッグキーワーあれば単独で管理できる
・上記とは逆に獲得が月0~数件でコストもあまり掛らないワードは関連性のあるワード同士を括って管理することも可

(ただし、私が提供するサービスの初期状態では、コストがかかるキーワードなのかがわからない状況が多いので当初は、以下の図とは違い一つのキャンペーンの中で登録するキーワードの数だけ広告グループを作ります。)


日々のルーチンで広告を検証する

広告主から「この製品であれば売れるだろう」というプロダクトアウト的な視点から新製品を開発して投入するのではなく、見込み客へ「どの製品がいいですか?」と直接聞いて、評判のいい方を残すマーケットイン的な手法を導入すれば、失敗する確率は低くなることにつながるでしょう。

そこで重要なのは、広告のクリック率です。広告がクリックされないのは見込み客の興味がないということなので徐々に広告も表示されなくなります。当然、集客もできなくなるのです。そのため、ABスプリットテストと呼ばれる広告の手法を行います。

ABテストとは?

ABテスト(スプリットテスト)を簡単に言うと、ある対象を改善するために、一つの要素だけを変化させてみる、ということです。これに対して多変量テストがありますが、一般的な広告主はそこまで広告費用をかけないと思いますのでここでは割愛します。

それではABテストへ話を戻します。

広告の品質を改善していく過程で、どこを変えれば良いかを考える時に複数の要素を同時に変化させてしまうと、変化が複雑になってしまいますよね?どの要素の変化が、どれだけの影響を及ぼしているのかが分かりにくくなってしまうのです。

しかし、1つの要素だけ変化させれば、その要素の変化が「原因」であるということが確実なので因果関係が明確になり、どう改善していけば良いかが分かるのです。

2013年 日本コカ・コーラの事例

例えば、2013年には、日本コカ・コーラが発売した爽健美茶ですが、「爽健美茶 すっきりブレンド(あたらしい味)」と「爽健美茶(いままでの味)」でABスプリットテストを行いました。

ここではABスプリットテストの意味ややり方へフォーカスしたいので割愛しますのでご興味のある方はご自身で調べてみてください。きっと「へぇ」とか「ふーーん」と感じると思います。

さて、私が行っている具体的なABスプリットテストのやり方ですが、以下のように行っていきます。まずは、キーワード自体が集客できるかを調べていきます。

あなたが賃貸をメインとした不動会社を経営しているとします。そうするとあなたが集客できるキーワードは、「地名 賃貸」をイメージすることでしょう。しかしながら、「地名 賃貸」が集客できるか「地名 賃貸 マンション」なのか、はたまた、「地名 賃貸 戸建て」なのか始めたばかりのことはわからないはずです。

これらを日々の運用で少しずつ明確にしていくのです。

お客様の声

このセクションでは、私がこれまでリスティング広告を設定してきたお客様の声をご紹介します。ただ、お客様の声と言っても不特定多数の方へ具体的な事例を出して既存のお客様へご迷惑をかけたくないので主だった事例のみを簡単にご案内させていただきます。ご質問いただけましたらもっと突っ込んだお話をさせていただきますのでぜひ、お気軽にお問い合わせくださいませ。

ある歯医者さんの事例

月間あたりの新患さんが15名から40名ほどになりました。かかった広告費は毎月1万円から2万円ほど。しかも、原則としてスタッフさんへ指導しているので経営者側の作業負担はありません。とても喜んでいただけている事例です。

ある旅館経営者さんの事例

個人で経営している旅館経営者さんの事例です。諸般の事情があり、イベントによる旅館客ではなくビジネス目的のお客様を増やしたいと考えてはじめました。現在でもコンスタントに集客できており、別の新規事業を立ち上げました。

ある便利屋さんの事例

冷蔵庫やテレビなど不用品の処分での問合せが多いようです。また、夏に草むしりの代行業務を始めたところかなり、「かなり忙しくなった」と嬉しい悲鳴が届きました。

ある買取業者さんの事例

こちら側で3000件ほどキーワード登録しました。始めてから2ヶ月ほどで新規の問合せが発生してそれから2年間以上継続しています。売上は毎月2000万を超えているとのことなのでこれもご満足いただけている事例の一つです。

無料でリスティング広告設定!!

無料でリスティング広告設定!!のイメージ

ヤフースポンサードサーチをキャンペーン、広告(サイトと紐付けした状態)、キーワードを無料で設定します。実はノウハウ無しで設定すると広告費が高騰するのです。このサイトへノウハウの一部を掲載しているのでまずは、読み進めてくださいね♪

問合せページ200サイト作成!!

問合せページ200サイト作成!!のイメージ

キーワードだけが変わっていく問合せページを200サイト作ります。SEO対策ですとコピーサイトなので上位表示できませんが、リスティング広告なら上位表示できます。200サイトの問い合わせページがあれば集客に効果的だと思いませんか?

無料で広告の運用(一ヶ月間)!!

無料で広告の運用(一ヶ月間)!!のイメージ

ビジネスには広告が必要不可欠ですが、良い反応を出すまでには検証を繰り返さなければなりません。私は一ヶ月間お金をいただきませんので一緒に頑張りましょう!

提供サービス

私が提供するサービスをまとめます。

無料でリスティング広告設定!!

問合せページを200個作成!!

無料で広告の運用(一ヶ月間)!!

費用は、29万8000円ですので1ページあたり1500円弱でYahoo!スポンサードサーチの設定がまるまる無料になるイメージです。ご納得いただいたようでしたら以下よりお申し込みください

一ヶ月に一人だけ受け付けます

最後になりますけれどもこの私が提供しているサービスは、一ヶ月に一人のみ受け付けます。といいますのも別に煽っているわけではなくて私はたったひとりで作業することになりますし、中身的にも非常に手間がかかります。200ページもの問い合わせページと個々に紐付いたYahoo!リスティング広告の設定を行うわけですからなかなかの労力がかかってしまいます。

そのため、残念ながらたくさんの方々には対応できないのです。状況によっては翌々月の対応になったりもしますのでご興味のある方はお早めに状況をお問い合わせいただくのがよろしいかと思います。

お問い合わせ

どんな内容でも構わないのでお気軽にお問い合わせください♪

PAGETOP
Copyright © アイデアマート All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.